財産放棄とは?

Q.質問
母の老後が心配なので、子供は財産放棄をしようと思います。家庭裁判所で財産放棄の手続きをすればよいのでしょうか?

行政書士・社会保険労務士 岩本浩昭

A.回答

確かに財産放棄の手続きをして頂くこともできるのですが、思いがけず他の親族が相続人になってしまう場合もありますので、ご注意ください。

実は、財産放棄にはいくつか方法があるということをご存知でしょうか?

財産放棄の手続きというと、相続の開始を知ったときから3ヵ月以内に家庭裁判所に申し立てる手続きを思い浮かべるかもしれません。

もちろんそういう手続きもあるのですが、家庭裁判所に財産放棄の手続きを行うことで、思いがけず他の親族が相続人になってしまう場合もあります。

そうなると、当初の遺産分割協議が水の泡になり、新たに相続人となった相続人を含め、再度遺産分割協議を行わなければならないという事態になりかねません。

なぜそういうことが起こってしまうのでしょうか?

そうならないために、財産放棄と相続人の範囲についてきちんと理解しておく必要があります。

財産放棄により相続人が増える!?

家庭裁判所で財産放棄の申立てを行い、その申立てが受理されると、その相続人は最初から(=被相続人の死亡時から)相続人とはならなかったとみなされます。

子供1人が相続人として相続するのであれば支障はないのですが、下記の例・家族構成で、子供が家庭裁判所で財産放棄の手続きをしてしまうと、母親1人に相続させるつもりで財産放棄したはずが、亡くなった方の兄弟が相続人になってしまうのです。

法定相続人

例)
家族構成=父(=死亡)、母、子供2人で、相続人が3名の場合。

財産放棄の理由
父が亡くなり、母と子供2人が相続人となったが、母の老後の生活を心配し、母が財産を全て相続できるよう子供が財産を放棄することにしました。

このような場合、家庭裁判所で子供2人が財産放棄の手続きをするということではなく、遺産分割協議により子供たち2人は財産放棄をするということで相続手続きを進めましょう。

借金がほとんどの場合、借金を相続しない方法として財産放棄しか選択肢はありませんが、借金がない場合で、特定の相続人に財産を相続させる場合には、家庭裁判所へ財産放棄の申立てを行わず、まずは私どもにご相談ください。

岩本へ無料相談してみるサービスの詳細はこちら

あやうく相続人が増え、大変なことになるところでした!

お母様に財産をすべて相続してもらいたいので子供2人は財産放棄したいというお客様からご相談がありました。

その際に頂いたご相談事例です。

えっ!●●さん、△△さんが相続人に!?それは困ります!

あるお客様のお父様がお亡くなりになり、お子様であるお客様より当事務所に相続手続き代行のご依頼を頂きました。

相続人はお子様お2人と配偶者であるお母様の3人でしたが、お母様が全ての財産を相続し、お子様お2人は財産放棄をしたいとのこと。

つまり、お子様は何も相続しないということなのですが、家庭裁判所へ財産放棄の申立てを行うことは止めた方がいいとアドバイスさせて頂きました。

実はこういうケースの場合、家庭裁判所で財産放棄の手続きをしてはいけないのです。

その事情を説明したところ、お客様は非常に驚かれ、「えっ!そうなんですか?教えて頂いて良かったです!ありがとうございます」

といって感謝して頂き、無事当初の予定通り、お子様お2人は何も相続せず、お母様のみが財産を相続するよう手続きを代行させて頂きました。

ちょっとした手続きの方法で結果が180度変わる!

単に相続手続きを代行するだけではなく、どのような手続きが最適なのかをアドバイスできるのが、手続きを専門家に依頼することのメリットだということを感じて頂き、当事務所を利用しようと決断したことを非常に喜んで下さいました。

岩本へ無料相談してみるサービスの詳細はこちら

■関連する下記ページも読まれています。

サブコンテンツ

人気ランキング

  • 相続手続き代行

    相続人は押印するだけ

    相続人の皆さんには分割割合を決めて頂き、署名捺印して頂くだけ。戸籍等の請求から関係機関への申請はすべてお任せ。

  • 戸籍謄本等請求

    市役所に戸籍請求

    手続きをするには戸籍等は必須。戸籍謄本等を請求するだけでもご依頼頂けます。

  • 払戻し手続き代行

    銀行等での払戻し手続き代行

    預貯金、保険金の払戻し手続き、証券の解約、名義変更手続きもすべてお任せ。

このページの先頭へ